埋没毛を生み出さないための毛の処理方法を紹介

Written by:

埋没毛を発生させないためには

カミソリなどで毛を処理していると埋没毛が生まれてしまうことがあります。埋没毛とは文字通り埋没した毛のことですが、一度発生すると除去するのが難しくなるので発生させないようにすることが大切です。埋没毛が発生してしまうのは毛よりも皮膚が盛り上がってしまうことにあります。カミソリを使って処理する際に肌を温めなかったり、無理な方向に何度も刃を滑らせたりすると肌に傷が付いてしまいます。それが繰り返されると肌が本来の位置よりも盛り上がり、毛を覆うような状態になることもあります。これが埋没毛の原因です。埋没毛を防ぐためには切れ味の良いカミソリを使い、肌を温めてから剃毛する必要があります。また、カミソリを当てる際には利き手でない方の手で皮膚を伸ばすことが重要となります。プロの理容師さんは剃毛の技術が高いので、埋没毛を生み出してしまうことがありません。

埋没毛が発生してしまったときは

埋没毛が発生したときにはホットタオルなどを使って毛を起こすことが重要となります。ピーリングなどで肌の表面の垢を取り除くことで埋没毛を飛び出させることが出来ることもあります。しかし、埋没毛の状態が悪いとそういった対処法が通用しなくなります。そうなった場合は脱毛で状態を解消する必要があります。脱毛の場合は毛根にレーザーなどを作用させるので、深く埋まった埋没毛でも除去することが可能です。埋没毛を生み出さないことが大切ですが、もし発生してしまった場合には施術を受けて除去しないとなかなか対処が難しいといえるでしょう。

医療脱毛はエステ脱毛より少ない回数で脱毛完了します。医師や看護師の有資格者が施術を行い、万が一の場合の対応も可能です。