入れ歯やブリッジとどう違う?インプラントの特徴について

Written by:

先進的な歯科医療技術

虫歯や歯周病の悪化等によって歯を抜かなくてはならなくなった時、以前はそに入れ歯やブリッジを装着して失われた歯を補完していました。
その一方で、近年ではこれらと並んで新しい治療技術も普及するようになってきています。それがインプラント治療です。
インプラント治療の「インプラント」は、またの名を人工歯根といいます。つまり歯の根っこに当たる部分です。インプラント治療ではこの人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、その上に人工の歯を装着します。

噛む力の低下を抑える

インプラント治療が入れ歯やブリッジと大きく異なるのは、この人工歯根を埋入するという点です。部分入れ歯の場合、義歯は金具などを近くの歯に引っ掛けて固定します。つまり、義歯そのものは宙に浮いている状態になります。そのため天然の歯に比べると物を噛む時に十分な力が入らず、固い物を食べるのに苦労するという課題がありました。
これに対してインプラントは土台が骨と密着した状態でしっかり固定されるので、顎の力がそのまま伝わります。そのため、噛む力が天然の歯と比べても遜色がないという特徴があります。

健康な歯を傷つけなくて済む

一方、ブリッジは両隣りの歯に「橋」を渡すようにして装具をかぶせるため、かなりの力に耐えることができます。ただしその際、高さを合わせるために接合部分を削る必要があります。つまり、1本の失った歯を補うために2本の健康な歯を削らなくてはならないのです。
この点、インプラントは1本1本が自立しているため、隣の歯に負担をかけることがありません。1本の歯がなくなった場合からすべての歯を失った場合まで、さまざまな状態に対応することができます。

杉並区で行うインプラントは、最新機械と技術を取り入れている歯科院が多いので安心して施術が受けられます。